残酷過ぎる成功法則に心屋仁之助さんの言葉と同じような内容があった、「今に満足・自分を許す」エビデンス有りです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「残酷過ぎる成功法則」の本は、エビデンス(証拠)のある成功法則のみを集めたベストセラーです。ストレス社会アメリカのアマゾンのカスタマーレビューできわめて高い評価をされている書籍です。

同じような事が書かれていた

その中に心屋仁之助さんの書籍「人生に奇跡が起きる魔法の言葉」の中で言われていることと同じようなことが書かれていました。(このブログでも紹介した事

  • できない自分こそを、おもしろがることが大切。
  • 悩んでばかえりの人、自分の嫌な部分をなんとかしようとしている。→それを まず、今の状況に満足する。→ 楽になる →悩みは消え、次に進める。

などです。

興味ある方は是非手元に置いてください。個人的には心屋仁之助さんの書籍は考え方を変えてくれた本になりました。





 

残酷過ぎる成功法則の本では、264ページの「成功において自信よりも大切な概念セルフ・コンパッション」、271ページの「自身のジレンマを解決する」が同じようなことを言っていました。

  • 事実に目を向け、あなたが完璧でないことを受け入れる
  • 完璧でいようとすること自体が不合理で、あらゆるマイナス感情の元になる
  • 自分を信じることは素晴らしいが自分を許せることはもっと素晴らしい…たえず自己の価値を証明する行為とはおさらばしましょう。

だいたい言っていることは心屋さんと同じです。

 

結局 普遍の考え方は「自分を許す」ですよね

「そんな自分を許す」これってそういえば斎藤一人さんも言っていましたね。

斎藤一人さんの1:「自分を許す」お話し

同じようなことを言われているサイトの紹介もありました。

自分を許すについての考察

もっと考察してみたもの

解明された現代人の病の元凶「キラーストレス」、打ち勝つには斎藤一人さんの「どこまでも自分を許す」を試してみてはいかが

自分を許すの他の対策は

  1. コーピング・・・・「気晴らしリスト」から何か実行してストレスを撃退
  2. マインドフルネス・・・・呼吸で雑念・感情をコントロール過去未来の心配から「今」に注意を向けてゆく・・・

とのこと。

とにかくすごいストレス社会とのこと、日本もアメリカも。

こういう考え方・技術は不可欠ですね。

例えば「うつ」に関する本も「自分を嫌いになってはいけないこと」「嫌な事からは逃げること」などをあげています。

今のままの自分を許す事、今が最高であることは間違いないようです。エビデンス(証拠)があるのです。

今の自分を「しょうがないと言い聞かせる」というより「達観の境地」になるのかもです。

 

カスタマーレビュー★4.5の高評価(米国ではもっとすごいことになっている)

心屋さんの高カスタマーレビュー書籍、84件で★ 4.3です。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA