最新の健康と心理学、「残酷過ぎる成功法則」と「パレオダイエットの教科書」なるべくエビデンス(証拠)付で

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトでまとめてきたものを整理。

 




 

「人生に奇跡が起きる魔法の言葉:心屋仁之助」のメモ、2、

できない自分こそを、おもしろがることが大切。など、救ってくれる言葉がいっぱいです。

 

辻仁成 ツイッターの傑作「息子よ。」から 「なるほど~~」と思うものををいくつか

ツイッターを貼ったもの、実に言葉に現実感を感じます。

 

自己啓発を「科学:エビデンス(証拠)」してわかったこと「強く願えば夢はかなう」は無い

ヒトの脳はフィクションと現実を見分けることが不得意…など

 

残酷過ぎる成功法則に心屋仁之助さんの言葉と同じような内容があった、「今に満足・自分を許す」エビデンス有りです。

最初の心屋さんの言葉はエビデンス(証拠)にもとづいたものだったのです。

 

パレオな男ブログ の「ダメな性格は変えられるのか?」が凄すぎる。

if-thenプランニング…大事なのは「淡々と続ける」…などなど、楽な気持ちで取り組めるものばかり。面倒なものは誰も出来ない。

 

「メタ認知を鍛える50の質問」で気持ちを整え、超気楽にコントロールする。

 

疲れ切って落ちこむばかりの現代人に伝える真実「セルフコンパッション」自分に優しくする

質問を読んでいるうちになにやら頭が動き出します。

 

他サイトから

日米で大評判!「残酷すぎる成功法則」の書評集。どのように読まれているのか?

書評から、どこに注目しているか紹介

 

残酷すぎる成功法則からWOOPの法則を学ぶ そしてゲーム化

if-then(もしも-その時は)を考えるのは実に簡単、だから効果が出てくる。(取り組むのに大半な事は結局やらない)

うまくいっている人は簡単な事の積み上げでしかない。それを知っている。

 

おぎゆか(荻野由佳)の「努力は報われる」の意味はベストセラー書籍「残酷すぎる成功法則…」で良く解る。

「NGT48のおぎゆか」のストーリーと「残酷すぎる成功法則のWOOP」は同じなんじゃないか?

 

ということです。 とにかく簡単に取り組めるものをやる。

です。




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA