「メタ認知を鍛える50の質問」で気持ちを整え、超気楽にコントロールする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

心理学に「メタ認知」というものがあります。

これは自分の事を客観的に知っているかどうかの事のようです。

自分が出来る事・出来ない事、知っている事・知らない事、それらが解るという事です。

一番大変な状態は「何がわからないのかが解らない」状態です。





 

メタ認知

自己の「記憶、思考、知覚、情動」などを知り、自分をコントロールするのが「メタ認知」のようです。

 

どうやってやるのか、やっぱり詳しいのが「パレオな男ブログ」

やる気アップと作業効率アップに激しく効く「メタ認知を鍛える50の質問」

 

今回も外国の論文「学生のメタ認知を育てよう!」から引用されています。エビデンス有りです。

ぜひ読んでください、目の前が広がります。

ガイドとしてポイントだけご案内

 

メタ認知をアップさせる50の質問…具体的でめちゃ解りやすいです。

●仕事を始める前に使う質問

ゴールは何?現時点の不明点は?重要な点は? など

 

●仕事してる途中で使う質問

自分の困難・混乱は何か?

仕事が「我が事」に変える方法は

 

●仕事が終わった後に使う質問

うまくいった点・うまく行かなかった点

 

などです。

50個あります。

具体的です。

自分がピクリと来たものにちらりと取り組んで(まずは、考えるだけですが)

 

で、ポイントはこの質問を読んでいるうちになんやら具体的になって来て(使わなかったメタ脳が刺激を受ける)やる気の気持ちが湧いてきます。

再度

やる気アップと作業効率アップに激しく効く「メタ認知を鍛える50の質問」

 

 

ほかにも

このほかにもメタ認知を鍛えるテクニックとしては、

ヴィパッサナー瞑想(自分の目的にあった瞑想テクニックの選び方) と 自動思考キャッチトレーニング(豆腐のようなメンタルを強化する) があるそうです。

上記ページからリンクです。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA