Jリーグ加入99.9%無理と言われたクラブがCWC準優勝するまでになった初年の頃、じわり感動:鹿島アントラーズ物語【プロミスリング】

このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年頃、Jリーグに参加を希望するが実力は2部だし小さな町だし関係者に99.9%Jリーグ参加無理と言われた鹿島アントラーズはその後見事開幕オリジナル10となり、なんとファーストステージ優勝を果たす。以降、Jリーグで2位を大きく離す優勝回数を誇る名門クラブに成長。

それだけでなく、2016年12月のCWC(クラブワールドカップ)で世界屈指の強豪レアルマドリードに延長で敗れたものの準優勝に輝くことになる。

このドラマはJリーグ開幕ファーストステージ優勝までを実際の物語とフィクションを交えて描いたもの。

お決まりのストーリーで次にどうなるか展開がある程度読める内容だけど、その素直な脚本と役者・演出が上手いのでしょう、ほろりと来ます。

人間の弱さや希望の力、未知の可能性を信じて助け合う姿が上手に描かれています。



実際の選手も多数出てきますし、特にジーコやアルシンドの考え方は素晴らしいものです。

そういえばジーコスピリットがCWC準優勝に導いたという解説者がほとんどでした。

日本の田舎の弱小クラブがなぜそこまでになったのか?

鹿島の一人の男の挫折と見えてきた地味な可能性を通し、私たちに自然な希望を与えてくれます。

是非ご覧になってください。

Youtubeに有りました。 ・・・しかし、かとうれいこいいなあ^^

※連続して動画が13本繋がります。


サイトの解説より

鹿島アントラーズが地元・鹿島の人々の協力によって誕生し、Jリーグの初代チャンピオンとなるまでを描いたスポーツドラマ。0.1%の可能性にかけた人々の物語。
93年共同テレビ

[監督]
小野原和宏

[出演]
中野英雄、
かとうれいこ、
竹内力、
春田純一、
相川恵里、
山本太郎、
竜雷太、
柳葉敏郎、
風間トオル、

ジーコ、
アルシンド
サントス
大野俊三
本田泰人
長谷川祥之
杉山誠
真中靖夫
奥野僚右
入井和久
大場賢治
吉田康弘
増川岳
石附次郎

櫻井由美

田中穂積

河津亨

黒崎輝
相原勇
勝俣州和
田中広子

山本紀彦
大杉漣
野村昭子
梅津栄

大場真人

劇団白鳥座




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA