寝れないって大変!睡眠障害と不眠症の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝れないほどつらいものはありません。

ただ単に寝付けないのと、不眠症って違うような気もします、がよく解りません。

suimin1

睡眠障害というのもあるし。

スポンサードリンク

ここはやはり、Wikipedia先生に聞いてみましょう。

 

睡眠障害 : 

人や動物における睡眠の規則における医学的な障害である。一部の睡眠障害は、正常な身体、精神、社会や感情の機能を妨げるほど深刻となる。長期的に持続し、著しい苦痛や機能の障害を伴っているものが精神疾患と診断される。一部の睡眠障害においては、睡眠ポリグラフ検査が指示される。
入眠や、明らかな原因なく睡眠持続が難しい場合には、不眠症とみなされる。

不眠症 :

必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害である。それが持続し、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている場合に精神障害となる。
不眠症は、入眠や睡眠持続が難しかったり、睡眠の質が悪いといったことが続いているという特徴を持つ、いくつかの医学的な兆候と症状を伴う医学的また精神医学的な障害であると考えられている。

 

どうなんでしょ、睡眠障害が続いた場合、不眠症と診断されるのでしょうか。

 

不眠症の分類と種類

不眠症の分類

  • 入眠困難・・・夜になってベッドに入っても、いつまでも睡眠が訪れてこない状態である。
  • 中途覚醒・・・真夜中に目が覚めて再び入眠できない状態である。
  • 早朝覚醒・・・寝付くことができても、朝早く目が覚めてしまい、再び入眠できない状態である。
  • 熟眠障害・・・睡眠時間はとれているはずなのに、十分に眠れたような気がしない状態である。

不眠症の種類

  • 一過性不眠症 ・・・一週間未満持続する。
  • 急性不眠症・・・ 一貫して1カ月未満の期間よく眠ることができない。
  • 慢性不眠症・・・1カ月よりも長く持続する。

 

自分の位置を確認できそうですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA