風邪には熱い風呂で汗をかく、押すなよ!自分で入る^^

このエントリーをはてなブックマークに追加

全く個人的な事ですので、人によっては逆効果の話かもしれません。

風邪のひき初めに熱い風呂で汗を流すと治ってしまうお話です。

 

参考程度に。



 

昔は風邪を引いた時は「風呂に入らずに寝なさい」と言われて風呂に入りませんでしたが

ここ最近は風邪っぽいなという時は温度を1度上げて熱い風呂に入っています。(うちの風呂温度設定では43度)

いろいろ読みますと昔の風呂は寒い所に有って湯冷めしやすい環境だったのでかえって冷えてしまうことも有り「風邪を引いたら風呂に入らず休む」だったような事もありました。

また、アメリカ人は風邪を引いたら風呂で温まる、日本とは逆、というような話も。

最近は風邪をひかなくなりましたし

風邪っぽい・熱っぽいなという時点で熱い風呂に入っているので本当に体温の高い時に入った時の記憶は遠いものになっていてその感触はうまく思い出せません。

私はその熱い風呂にある程度長湯して芯まで温めようとするので、入浴する前に水を飲んで入ります。

水を飲むのは大事なようですのでやってください。

で、長湯して汗が出てきたらあがります。

きっと身体的に熱さの天辺だし、風呂で疲れて体力を無くしてはまずいかなというところでしょうか。

この位しておけばウイルスや菌類は死滅するのでは?と考えて気持ちもすっきり。

あれ?熱っぽいかなとなったらとにかく背中にカイロを貼り、夜熱い風呂に入って寝る。

これで、ここ数年風邪をひいて寝込むことは無くなりました。

人それぞれですが参考にどうぞ。



 

以上、「私は風邪を引いた時は熱い風呂に入る方です」ということでした。

 

お風呂の温度から料理などにも使える温度計

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA