キラーストレスにならないためのメンタル(過去や未来からストレスを受けない)など

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKスペシャル  シリーズ キラーストレス

第2回 ストレスから脳を守れ  ~最新科学で迫る対処法~

を、観て

誰にでもやってくるキラーストレスの現代

KS01

全てのストレスに個人で立ち向かうのは無理!

こうやって心の持ち方を勉強・トレーニングしないと。

「こういうものだよ」ということを理解しなければいけない時代なのだと思います。

スポンサードリンク

第1回  あなたを蝕(むしば)むストレスの正体  ~こうして命を守れ~第1回 (突然死・キラーストレスの原因と症状は心当たりのものばかりで愕然としつつ対策(血管系中心)す) のまとめの続きです。

この回ではメンタルの部分と人体への影響とかその辺を扱っています。

ストレスが蓄積されて「うつ病」に有るってしまう時等、

 

大量のストレスホルモン(長時間労働・睡眠不足など多種な原因)を受け入れられず海馬の神経細胞が破壊される。→うつ病

 

ということらしいです。

そこでその対策として

  1. コーピング
  2. マインドフルネス

が挙げられていますので簡単に解説。

 

1、コーピング

ストレスを感じたら、あらかじめ用意しておいた「気晴らしリスト」から何か実行してストレスを撃退する。

たとえば、川辺を歩く、公園を散歩する、クラシック音楽を聴く、歴史本を読むとか自分の心が楽しくなるようなものをやってみるのです。

ストレスから一旦遠ざかるでしょうか。

 

2、マインドフルネス

こちらはNHKのページに詳しく出ています。

早稲田大学の熊野宏昭教授による『マインドフルネス入門』

 

(1)背筋を伸ばして、両肩を結ぶ線がまっすぐになるように座り、目を閉じる

から始まって

呼吸、雑念・感情をコントロールし、

「今」の身体と身の回りのことに注意を向けてゆく

というようなことを丁寧に解説されています。

どうぞ。

 

過去や未来は意識しないで「今」だけに集中し、起きるかどうかわからない心配事・ストレスから解放してくれる要素も有るようです。

「よけいなことまでストレスを感じている。」それでは生身の体は持ちませんよ

そこをどうしたら良いかなんて習ったことなんか有りません。

 

現代はこういうこともきちんと勉強しないとならない生きてゆけない時代なんだと認識すべきですね。

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA