利き腕でない方、例えば左手でやってみると脳の活性化や認知症予防になるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで利き腕でない方を使うと脳にとても良い。

という記事を読んで不思議とやってみたい気持ちが湧いてきたので歯磨きから始めてみた。

左手で歯磨きをします。






 

しか~し、思ったところに歯ブラシを持って行けないしブラシの向き磨く方向、全てが思うようにゆかない。

まてよ、この思うようにゆかない事が脳に良かったんだっけ。

ということで思うように磨けなくても右手は使わずに左手で磨き続けました。

1週間もしたらブラシの動きをかなりコントロールできるようになりました。

なんか普通に左手で歯ブラシを持つようになりました、不思議。

 

ただ、今のところどのような効果があったかは不明。

ほんのかすかに左手に意志が宿ったような気もしなくはありません。

 

そこでネット上に利き腕と違う腕を使うことによる効果を集めました。

 

利き手ではない方で作業するだけで、脳が驚くほど活性化する

実は反対の手を使うとことで、逆に「怒り」という感情を制御する事ができるようなのです。

など興味深いまとめです、どうぞ。

 

利き手じゃない方の手である逆利き手を使うと意外な効果を得ることができる?!逆利き手を使ってみませんか?!

脳の活性化からダイエット、感情のコントロールまで様々な効果があるらしいです。

 

歯磨き、メモ、スケッチ。利き腕の逆でやってみると…

実際にやってみた人の体験・感想です。簡単なものからです。何よりも今すぐからできますからどうぞ参考にしてください。

 

ということで別の手を使う、別の脳(右脳左脳のこと)を使うことでいろいろ良いことがありそうです。

※危険が伴う事で使う手を変えるのは最初はやめた方が良いと思います。

 


左手用グッズ(マスス・はさみ…)

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA