脳梗塞は「性格習慣病」を読んで「自己中心的性格」を知る。

面白い記事が有った。

タイトルが「脳梗塞は「生活習慣病」ではなく「性格習慣病」!?

nokosoku

スポンサードリンク
 

 

『最貧困女子』(幻冬舎新書)などの著作で知られるルポライターの鈴木大介さんが自身の脳梗塞の闘病経験を綴った『脳が壊れた』(新潮新書)・・・

・・・発病をきっかけにした心と「生き方」の変化が感動的に描かれるドキュメンタリーだ。・・・

 

・・・脳梗塞は、いわゆる生活習慣病の一つであり、不規則な生活、飲酒・喫煙、ストレスなどが発症の原因となるとされている。・・・

・・・自らの性格や行動傾向を「背負い込み体質」「妥協下手」「マイルール狂」「ワーカホリック」・・・

・・・「自己中心的」という言葉に集約できそうな短所ばかりだ。・・・

 

で、脳の障害を脳の使い方、ここでは人との接し方で解決していったようです。

自らの性格、そして妻・・・実親との関係を反省し、改善を・・・そして「人の縁」の大切さを、身にしみて感じるようになった。

 

という事らしいです。

自己中心的な自分で壊れた脳、リハビリ・再発防止に「人の縁」他人の脳との繋がりで修復してゆく。

これは勉強になりました。他人との分け合い、気持ちのふれあいに欠けていることをもっと認識し、本気で改善する必要があるようです。

 

スポンサードリンク
 

 

そんなの有りえないと思っていた輪廻転生は身近な自然現象に既に組まれていた、宇宙の基本原理のようです

輪廻転生って有りえないと思っていました。

どう考えてもありえない。

理論的にはありえない。完全に宗教として思い込むことが必要、信じる世界。

kumo

スポンサードリンク
 

と、思っていましたが「負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!」ブログを読んで「輪廻転生もありうるな」と

方向転換です。

 

生と死 2

人間が

生まれどおしに

生まれ

生まれただけは 確実に

死にどおしに

死んでいくように

水も

人も

循環しているのであろうか

水が相(すがた)を変えて

生き続けるように

人も

相(すがた)を変えて

生き続けるのであろうか

 

氷や雪のように形のあるものが、水になる。私達にはわかるがひょっとすると獣や虫たちは別のものと思っているかもしれない。

さらに水蒸気になり、空気に溶け込んだ場合目に見えなくなる。

こうなると人にも解らなくなる。

つい先日まで氷として形を持っていたものの一部、水の分子がそこにいるのに気付かない。

さらに空気の一部分になった水は天界にのぼり、まさしく天国に行って雲になり、いきなり目に見えるもの、形のあるものになる。

 

魂もまた目に見えないが生きている間は存在が見える。というか脳がはっきりと認識している。

が、肉体が滅ぶとそれらは見えなくなり、氷→水→水蒸気のように魂はひょっとするとコマ切れになり漂うのかもしれません。

天に昇るもの、地に溶け込むものがあるのかもしれません。

が、またいつか人の魂の一部となり転生する。

輪廻転生ってこれかもです。

 

空気にとけ込んだ水は見えませんが結露などで人はの目に触れます。

昔の人はどうだったのでしょう、空気の中に有った水が冷されて露になったと知っていたでしょうか。

何となく肌に感じていた湿気が現れたと感じる人もいたでしょうか。

 

なんとなく魂の存在を感じる人がいるのかもしれません。

人の繋がりが空気中に有ることを感じることが有ります。

1日に2本しかかかってこなかった電話がわずか数秒の間に立て続けにかかってきたことが何度も有ります。

あくびも、見てもいないし音も聞こえないのに近くの人と同時位にあくびが出ることが有ります。

音が聞こえるのは空気が有るから、同時電話も同時あくびも何かで繋がっているのかもしれません。

私達は魂のかけら(水蒸気と同じように)に満たされているのかもです。

それが人を繋いでいるのかも、今はまだ見るすべがないですが。

結露のように見えることも有るのかもしれません。

 

氷が、雪の結晶が、それぞれ独自の形をしていますが、水分子でできています。

その水分子はどれも同じだと思われてていますが、重水などがあり様々な水分子があるようです。

 

魂もまた様々なものがありその組み合わせでまた新しい命が生れるのかもです。

 

ともかく、みんな繋がっていて、みんな実は同じなんだと(自分だけの欠点だと思っていることが実はほとんどの人の欠点、など)いうことは水のような「宇宙のことわり」だと思います。

 

スポンサードリンク
 

断食とアンチエイジングと免疫

断食とアンチエイジングと免疫に関する情報が流れて来たのでメモ。

1日2食も確かこういう範疇に入ったかと。

食べないというか「空腹」は生物の重要な状態みたいです。

生き物は空腹が基本。

でも人間は満腹が占める割合が多い。

moriawase

スポンサードリンク
 

 

 

栄養が良いから寿命が延びた。

それは大事なところです。

しかし様々な食品関連物質も出てきて

病気とも向き合うことになった。

ただ単に過食とかも多いし。

どういうバランスが良いのか・・・・

「断食とアンチエイジングと免疫」というのはそういう事なんだと思います。

さて抜き出してゆきます。

断食は究極のアンチエイジング! 半年に一度、2~4日間で免疫系が再生

ポイント

  • 断食を実践する際には医師の管理の下で行うなどの注意が必要
  • とくに糖尿病で血糖コントロールを受けている人は、低血糖発作を起こして死亡する危険性
  • プチ断食を経験したことがある人が、次のステップに進むことは可能でしょう
  • 免疫力がつき、健康な体を維持できるだけでなく、見た目の若返りも可能になる

 

  • 飢餓状態になると、体はエネルギーを節約しようとして、ダメージを受け不要になった免疫細胞をリサイクルしようとするのではないか
  • 断食は、老化や化学療法の副作用でダメージを受けた免疫システムを再生する。文字通り、新しい免疫系をつくるのです

 

一般人としては、まず「プチ断食」に挑戦するのが賢明でしょうか。

これは腹八分目とかでは無く、小規模ながら断食をするという事なのでしょうね。

時と場所を選んでチャレンジも良いかもです。病気もちは医師に相談必です。

 

 

空腹・飢餓、大事にしてゆきます^^

 

スポンサードリンク
 

 

斎藤一人さんの続き:掃除でOK:普通はつらいよ11 最高の神事(かみごと)とは

ひさしぶりに斎藤一人さんのお話。

お掃除のお話です。

神様はそういうところ(自分の中に有るんですけど)に注意しているようです。

これも一見少しの違いに見えますが大違いですね。

見えればよい窓と良く見える窓、気持ちの良い窓とか。

例によって「龍青三 オフィシャルサイト」が音声と全文を起こしていますのでそちらへリンク。

普通はつらいよ11 最高の神事(かみごと)とは

souji

スポンサードリンク

 

本当に助かります。そちらのサイトに行って勉強してください。

ここは、きっかけを作るページです。

引用して簡単に解説

 

何をやっても途中から失敗しちゃう人、邪魔が入る人。
いいですか?
なんか、うまくいきかけたけど、どうもうまくいかない人。
自分の家の玄関掃除してください。

自分のとこの玄関を思い出して。
いろんなものごちゃごちゃしていないですか?
家族3人なのに、靴が何個でてますか?靴10こでてませんか?
下駄箱にしまってください。
スッキリさしてください。

 

なんかピキーンときますよね。

そうなんです、なんとなく心当たりがあります。

玄関やお店・部屋がきれいだと何か「好転」というか、最初から心が違う。

これって「ついている」と似た心理、エンジンを心の中に作ってくれそうです。

掃除をして何か物事を一歩進める。

それだけで前向きの確かな一歩になる。

様々な心理的・行動的効果がやはりありそうです。

 

どうぞ聴いて読んで、そうしましょう。

 

スポンサードリンク